バンビの森保育園|休日保育、一時保育やっています。

運営法人について

社会福祉法人銀杏の会沿革

平成6年
仙台市太白区中田で家庭保育室「バンビ保育園」として運営
平成15年
「せんだい保育室」として仙台市より認定を受ける
平成16年7月29日
社会福祉法人銀杏の会設立認可
平成17年4月1日
児童福祉施設 バンビの森保育園 開園
認可保育所 90名定員
平成24年6月1日
児童福祉施設 多賀城すみれ保育園 開園
認可保育所 60名定員
平成29年4月1日
小規模保育事業A型 バンビのおうち保育園 開園
19名定員

法人理念

当法人「いちょうのかい」名称の由来は、バンビの森保育園開設地に隣接する地に大きな銀杏の木が二本聳(そび)えたっております。
子どもたちが銀杏の木のように大きく逞しく、また、銀杏の木の如く丈夫な体をと願って法人名称にしました。 

※理事長

H16年7月~H21年8月
初代理事長 壹岐茂二郎
H21年9月30日~現在
2代理事長 壹岐 勇

運営施設

[仙台市]
バンビの森保育園
[多賀城市]
多賀城すみれ保育園
[仙台市]
バンビのおうち保育園

公開情報

くるみんマークの取得

社会福祉法人 銀杏の会は、平成25年3月1日付けで厚生労働省より次世代育成支援対策推進法第13条に基づく基準適合【認定一般事業主】認定され、次世代認定マーク「くるみん」を取得しました。
社会福祉法人 銀杏の会では、≪バンビの森保育園・多賀城すみれ保育園≫ の職員が仕事と子育ての両立を図ることができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、職員が専門的な能力を十分発揮できるようにするため行動計画を策定し、推進してまいりましたが、このたび平成21年4月1日~平成24年12月31日に定めた目標を達成し、認定基準を満たしたことから「くるみんマーク」の取得に至りました。